お腹の脂肪を心配する女性
  • ホーム
  • グルコバイを服用後は放屁が多くなる

グルコバイを服用後は放屁が多くなる

運動している男性

糖尿病の治療に多く利用されている薬として食後過血糖改善薬グルコバイがあります。
このグルコバイはアガルボースとも呼ばれているものですがこの薬を服用することで、小腸のグルコアミラーゼ等の酵素を阻害することでき食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができるのです。
グルコバイを服用することで通常は急速に糖が吸収されるところを緩やかにすることが可能となり、体に大きな負担がかかることがなくなります。
そしてこの薬効により炭水化物や脂肪等を排出するので、排便の量が普段よりも明らかに多くなり宿便等が排出されます。
この効果によって、グルコバイ服用後にはお腹がスッキリとしてダイエット効果も得ることができるのです。

しかしこのグルコバイには副作用もあります。
それはグルコバイ服用後には放屁が多くなるということです。
腹部膨満感やガスが貯まりやすくなることでおならがどんどん出るので、注意が必要です。
仕事や学校等の外出の予定がある際には、この薬を服用することは難しくなります。

昨今は糖尿病の患者及びその予備軍が非常に増えています。
そしてこの糖尿病によって、脳疾患や虚血性心疾患を発症することにもなることから予防はもちろん、重症化させないように注意を払うことが必要です。